乾燥機の修理 30年以上利用 東静電気の蒸気式乾燥機

修理日記

メーカーに問い合わせた所、原因は制御基板の劣化だそうです、
交換パーツは既に無く買い替えを勧められる始末です。
既にヒーターも2回交換しており、十分活躍してくれたのでやむを得ない所ですが
費用がバカになりませんし、ほかに異常はありません
そこで今回は、改良で事態を乗り切ることにしました。
方法は ヒーターの手前に電磁弁を設け、ダイアル式サーモスタットで出口温度を
60度に達したら蒸気をカットする様にしました。
昔の乾燥機は この様な方式だったそうです。注意として急に蒸気がヒーターに
行くとヒーターの破損が生じやすくなります。一気に蒸気が入らない必要があります。
手動バルブで流量を落とし、配管も長めにしました。

部品の調達
 以前に比べてネット販売のおかげでほとんどの部品は すぐ手に入ります。
 また、ホームセンターなどでは、電気ケーブルとか配管部品、工具など
 簡単に入手できる様になりました。

電磁弁4分1台・サーモスタット1台  配管部品6分 50㎝と20㎝ニップル つなぎ 1個 6分から4分へエルボ1個 5㎝ニップル 2個 ・ ユニオン1個 プッシュ1個              4分5㎝ニップル2個・線コード  2m  合 計    18,520円 でした 

まず、配管を組み立てます。

                            

 パイプレンチで10 分ぐらいで完了
もちろん シールテープはしっかり目に巻いておきます

 

 

次に古い配管を外します。

ユニオンは 古い場合固着していて回りません。切って外すのがポイント
金鋸で5分位です(グラインダーなら30秒ほど)

 

                                            

     残りの配管もレンチで外しますがにパイプを足してやると楽に外せます。

古い配管を保護するためにも、反対側にもレンチをかけるようにしましょう。

                                              

 

 

 

 今度は配管を組みます。長さのズレは 1㎝以内にしないとユニオンが
閉められなくなります。  プロならネジ切り機で長さを調節できるのですが
我々は 出来ません。1Mを超える場合は プロに頼むしかない様です。
最近ではネットで注文もできる様ですがね。
組み立て完成の写真

サーモスタットの取り付けと電気配線
サーモスタットは 見やすい場所がいいのですが 我々は金属板を簡単に穴あけは
出来ませんので、プラスチックの空箱を利用しています。
簡単に穴が開けられますし、取り付けもビス2個で済みました。

センサー部を取り付けます
出口温度が測れて ホコリがつかない場所を選びます。
固定するのに 金属を利用すると温度に誤差が生じやすいのでダストフィルターと
排風ファンの間で木製の台座で止めてあります。

最後に配線をします。
200Vの電源は 乾燥機の電源を入れた時に入る排風モーターのリレーから
取りました。  これで乾燥機の使用しない時は 蒸気も止まるので省エネにも
なりそうです。  (ここが一番時間が掛かってしまいました)
作業は 4時間ほどになりました

配線については 専門知識が必要ですので資格のない方は やらないで下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました