自動包装機の修理

修理日記

こんにちは!  管理人のタカさんです。
今日は 自動包装機についてです。  ハンガー物を毎日数百点以上の包装になると手で
処理するには 人が一日中かかってしまいます、またその労力も大変です。
そこで、包装は 自動化するのが普通でしょう。人件費を考えても充分採算は取れます。
ただそこは、機械。複雑な工程をこなして行くためには 制御系や、動力系は繊細な
仕組みになっているため、10年を過ぎてくると、トラブルが多発します。
ラインがストップしてしまうと仕上がり品が あっという間に溜まってしまい、
カレンダー式の単品包装では追い付かなくしまいます。
そこで、日頃から保守点検がとても大切になって来ます。

作業にあたっては 危険な場合もあります。自己責任において出来る範囲で
お願いします。

毎月の点検
当たり前のことだとは思うのですか、大事な事が一つ。
エアーの品質   エアーを使用する機械は 水分や油分、ゴミを嫌います。
コンプレッサーでドライヤーは必ず必要です。 そして、各機械の入り口には 
フィルターを付けます。このフィルターを何年も放って置くと痛い目にあいかねません。

フィルムつまみの爪を上下させる際に、利用するレール
  ホコリをとり、薄くグリスや潤滑剤を塗っておきます。

フィルムカッター
  刃の先にカスが溜まります。 切れが悪くなったら、交換ですが(4〜6年)
  その前にフィルム押さえを調べます。ゴムなどが劣化して滑って、
   充分フィルムを押さえていないと切れが悪くなります。
    経験では刃より早く悪くなります。

フィルムの通過するガイドのパイプ類の点検
  セロテープカスなどが 付くと抵抗ができてしまい、フィルムが裂ける原因に
   なってしまいます。

トラブル別 対処方法 (機種は YAC 007)

フィルムのつまむ場所から裂けてしまいやすい
  フィルムの軸受け部分が 汚れなどで滑りが悪い。
   フィルム掴みの位置が ズレ出している。2ミリほどずらして見る。
    フィルムを広げるための円盤状のコマが 回転していない、ズレている。

フィルムが 商品をかけるフックに引っかかる。
  商品をかけるフックの上部バネが 折れてしまい品物が揺れやすくなっている。

フィルムがキレイに切れない
  刃の切具合を確かめる。 切り口が真っ直ぐで無い場合は 切れ味が落ちている。
   目立て用のヤスリで 軽く研ぐだけでかなり改善する。
   (刃を外す必要があるので注意)

  フィルム押さえのゴムシートが 劣化して滑っている。交換が必要。
   上部フィルム押さえ

黒い商品を包装する際、早く切れてしまう。
  商品を検知するセンサーが 劣化、対処として面のホコリをとる。
   センサーにボリュームがあれば 出力を上げてみる。距離を50センチ程度に
    セット。  反応しなければ 交換するしかない。

 

設備は 耐久消耗品です。 使用中は資産ですが 廃棄となると今は 費用を払わないと
処分できません。
壊れる毎に入れ替えていくと工場は いつもどこかが止まって生産性が一向に上がり
ません。まめな、メンテナンスは大きな利益の源泉です。
どうぞ、しっかり設備を守ってください。

当社では 設備は設置してから廃棄するまでメンテナンス表を作成しています
10年から20年以上記録していると、各機械に愛着すら湧く思いがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました